不動産売却時に知っておきたいこと

このサイトでは、不動産売却で後悔しないために身に付けておきたい基本知識をご紹介しますので、これから取引をすることを考えている場合には情報収集を行いましょう。
失敗しないためには様々な情報を駆使することが重要ですので、比較サイトや口コミに掲載されている情報を参考にしながら絞り込むのがお勧めです。
実際に売却を行う時には額が下がらないことも考えなければなりませんが、そのためにはスピード感が大事であることも解説しています。

失敗しない!後悔しないために!不動産売却の基本知識をご紹介いたします!

失敗しない!後悔しないために!不動産売却の基本知識をご紹介いたします! 不動産売却で失敗しないために身に付けて基本知識として、主な流れやかかる期間を押さえておく必要があります。
平均的な売買を見ると、売り出してから売却が完了するまでに約半年かかると言われています。
あらかじめ余裕を持って活動を行うことが大切です。
これから始める場合には、スケジュールを決めたり、相場を調べることも忘れてはいけません。
希望売却額は相場からかけ離れてはいけませんので、同じような物件と比較して決めていくことになります。
過去の取引事例に関しては、不動産屋で確認すればすぐに分かります。
不動産売却時の不動産屋を決める時には、数か所から見積もりを出してもらうのも基本です。
その結果を見比べながら、どこに依頼するのかを決定します。

不動産売却を成功させるためには不動産業者の選び方が重要です

不動産売却を成功させるためには不動産業者の選び方が重要です 不動産売却を進める上で欠かせないものとして、仲介会社の存在が挙げられます。
このようなことから、不動産業者をどうやって選ぶのか、またどのような契約を結べば良いのかを、しっかりと把握しておくことが重要です。
不動産売却をする会社の選び方としては、売買物件の仲介を行っている会社に依頼することが重要です。
不動産会社と聞くと、物件の情報を数多く張り出す小さな店舗を思い浮かべる人が多いかもしれません。
反対にテレビなどで宣伝を行う大手をイメージする人もいることでしょう。
どちらも同じ不動産業者に変わりないため、どちらに依頼しても構いません。
しかし不動産会社の中には、分譲マンションの開発などを手掛けている業者も存在しています。
このような場合には個人の住宅の売却などはほぼ扱っていません。
賃貸住宅の管理などを専業にしている場合にも、基本的には依頼することはできないでしょう。
売却を依頼できるのは、不動産売買の物件の仲介を行っている不動産会社であると覚えておきましょう。
大手にも中小にもそれぞれのメリットがあり、大手の場合には店舗や人員が多いことから、相手を探しやすい面があります。
中小の場合には、大手にはない物件や顧客情報を持っている可能性もあります。
会社の規模よりも、担当者の仕事ぶりがなによりも重要と言えるでしょう。

不動産売却で後悔しないために抑えるべきポイント①土地や物件価格の相場を把握する

不動産売却をするにあたっては、不当に安い価格で値付けされて後悔することのないようにするため、あらかじめ土地や物件価格の相場を把握しておくことが重要です。その場合に個人でも可能な方法はいくつかあります。
もっとも簡単なのは不動産売却を依頼したい不動産会社をいくつか当たって見積もりをもらう方法です。複数の会社からもらうことを相見積もりといいますが、この場合は価格のだいたいの水準や評価される項目などがわかります。もちろん会社によってかなり金額に開きが出てくる場合もありますので、他社とどのように違っているのかを深長に見極める必要があるでしょう。ほかにもインターネット上にある不動産取引のポータルサイトで類似の物件をいくつかピックアップして、その平均を求めることも有効です。国土交通省がインターネット上で提供している土地総合情報システムにも過去のデータが蓄積されていますので、こちらもあわせて確認しておきます。

不動産売却で後悔しないために抑えるべきポイント②総合土地サービス等を活用した独自調査

不動産売却をするにあたって、周辺の土地・建物の相場を把握するための方法はいくつかあります。なかでも国の機関のひとつである国土交通省が運営している土地総合情報システムというインターネット上のサイトには、全国各地の土地・建物・マンションの情報が詰まっているので、個人の立場で独自調査をするには最適です。
このサイトは実際に不動産売却をした人を対象にしてアンケート調査をした結果がもとになっていますので、ほぼ正確な情報が反映されていると考えられます。物件の種類や面積、取引価格などのデータを誰でもかんたんに閲覧することができ、市町村などの地域ごとに物件情報を見比べることもできるようになっています。これから売却しようとしている不動産があれば、過去の類似する物件のデータをこの土地総合情報システムのなかで検索をしてみて、だいたいの相場をチェックしておくとよいでしょう。そうしておくことで不動産会社と実際に取引をするにあたっても、実態に合わない安価な価格で妥協してしまうトラブルを避けられます。

不動産売却で後悔しないために抑えるべきポイント③不動産業者の売買実績を把握

不動産売却で後悔しないために最低限押さえておかなければならないポイントとして、不動産業者の売買実績を詳しく把握することはとても重要です。
これまでにどのような取引をしてきたのかを知らないと、希望の条件で不動産売却ができない可能性もあります。最近ではホームページでも実績が掲載されていることが多いので、まずはホームページの情報をチェックしてどのような種類の取引が多いのかや、どの程度の件数を手掛けているのかを確認しましょう。それらの取引に関して、利用者が満足しているかも非常に重要なポイントです。満足度が高ければ、依頼した後にスムーズな売却ができますので、満足度の高いところを選ぶことも大切です。ホームページの情報からでは分からなければ、直接出向いて確認する必要があります。営業マンが対応してくれますが、その際の対応の仕方や受け答えもチェックしておくと、いくつかの不動産業者から絞り込む時にすぐに決められます。

不動産売却で後悔しないために抑えるべきポイント④家の魅力をアピールする宣伝広告活動

不動産売却では、誰もが希望の条件で売りたいと考えていますが、それには提示した条件で納得してくれる買い手が必要です。
同じような条件であっても宣伝広告の仕方によって結果が異なることがあり、アピールが上手くいくと予想以上に良い取引ができます。特に不動産売却が頻繁に行われているような地域では同じような物件が多数見つかることがありますので、その中で差をつけるためにはアピール力が必要です。不動産業者の営業マンによるところが大きいので、依頼をする前に優秀な営業マンが在籍しているかをしっかりと見極めることをお勧めします。実際に話を聞きにいくと、現在手掛けている物件を目にする機会があったり、具体的な宣伝広告を見かけることがあります。買い手の気持ちになってみて魅力的だと感じられるようなアピールができているかが、今後の取引の行方を左右する部分です。万が一不満があれば、意見を述べて取り入れてもらうのも一つの方法です。

不動産売却で後悔しないために抑えるべきポイント⑤任意整理の際は任意売却と競売も検討

債務の返済が難しくなって債務整理を行う時は持っている資産を清算しないといけません。これは現金だけでなく不動産も含まれるので、不動産も売却する必要があります。
任意整理であっても競売で必ずしも売却する必要はなく、任意売却で不動産売却をする事もできます。競売で売るよりも任意売却の方が高く売れる可能性があるので、債務を返して余る分を生むくらいの価格で売れれば、任意整理後に手元にある程度の資金が残る可能性が出てきます。高く売れるという以外にもメリットがあって、引き渡しの日が強制的に決まる事がありません。強制的に引き渡しの日時が決まってしまうと、次の住宅が決まっていなくても退去する必要が出てきます。そうなると次の住宅を決めるのも非常に大変になるので、任意売却にする事で退去日をコントロールできてその後の生活にスムーズに入っていけます。不動産売却時は少しでも高く売るために、複数の業者に相談して比較検討する事が重要です。

不動産売却のおすすめサイトはこちら

不動産売却 新潟市